So-net無料ブログ作成
検索選択
プリンス ブログトップ
前の10件 | -

最近のプリンス [プリンス]


ハッピー フィート [DVD]


最近、うちのカミさんが『HAPPY FEET』見たいって・・・・・

別にこの映画そのものには興味なかったが、サントラ盤持ってます。

だって、プリンス主題歌Song of Heart』を歌ってるのですから。

去年は『20ten』を発表したりと、マニアを飽きさせることのないプリンスですが、

今年は・・・・とやってますね。『Welcome 2 America』 って、ツアーやっているようで・・・・
日本からも観に行っているファンがいるみたい。

おれもね。
行って、観たいよ。
でもね。
結婚もして、子供もいるわけよ。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

20tenを聴いた [プリンス]

この夏休みにようやくプリンスの新作『20ten』を聴いた。
20Ten


まだ、じっくり聴き込んでいないが、世間の評価が耳に入る前に第一印象を・・・・

なかなか、いいんでない?(なんだその感想は?)

採点は100点満点!(プリンスはいつも満点)

古き良きミネアポリスサウンドってのが第一印象。
当時ってことは80年代にプリンスファミリー・・・・プリンスファミリーっても知らないだろ、今の若いモンは。
教えてやろうプリンスファミリーってのはプリンスのファミリー。ヴァニティ6とかアポロニア6。ザ・タイムとかシーラ・E.他にもたくさんたくさんあって書ききれん。でも小室と一緒してはイカンぞ。
そのプリンスファミリーに書いてきたような、いわばプリンスのこぼれた才能みたいな曲。余計わからんだろ・・・・

そんなところがファーストインプレッションかな。
でもね。これから聴いていくうちにまたいろんな発見があるんだな、これが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プリンスnewalubum、NEWALUBUM!~~20ten [プリンス]


20Ten

昨夜から昼くらいまで、かなり鬱だったのが現在はなんとかもってる。
そんな中、プリンスの『20ten』!
早速、HMVで予約。
まあ、あとは来てからかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

戦略の貴公子? [プリンス]

プリンス 戦略の貴公子 (P-Vine BOOks)

プリンス 戦略の貴公子 (P-Vine BOOks)

 

プリンスが表紙を飾っている....というだけで、買った。
買って3日経つが、どうも読み進まない。
第一に翻訳が下手糞なのか、読み辛い。
プリンスを分析解析しようというのだが、
ただのゴシップ、噂を総ざらいしている程度
新しいモノなんてない。
音楽評論家ってのは、この程度が仕事なのか?
CDの解説もいらない。いいじゃない、好きに聞かしてヨ。
言っとくけど、プリンスに謎めいたところとか、秘密なんてないよ。
彼が私達の前にさらけ出しているもの全てがプリンスだ。
彼ほど、自分の陰の部分まで自分をさらけ出したアーティストはいない。
それが、世間には奇妙に見えるだけなのかもしれない。
そういうところは立川談志に共通するところがある。
 
 
 
 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『Blue』 [プリンス]

プリンスも参加したトリビュートアルバムを聴いて以来、無性にジョニ・ミッチェルを聴いてみたいと思い、早速、会社の帰りに買った初めてのジョニ・ミッチェルのアルバム

BlueBlue
アーティスト: Joni Mitchell
出版社/メーカー: Warner Bros.
発売日: 1990/10/25
メディア: CD

思わず、聴き入ってしまった....と、いうのが感想。
昨夜から3回聴いた。聴く度によくなっていく。
アコースティックギターやピアノでの独特なメロディーに、美しくて、力強いヴォーカルがなんとも堪らない。
正直、「こいつァ、スゲぇや。」である。
しかし、この歳までジョニ・ミッチェルに出会わなかったンだろうネ。いや、歳の所為もあるのかな?
次は何を聴いてみようか?しばらく、ジョニ・ミッチェルにハマりそうだ。





nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

聴いてみよう! [プリンス]

プリンス「A Case of You」で参加しているというだけで、買ったジョニ・ミッチェルのトリビュート・アルバム。「この1曲だけで、2000円近く出してCDを買った価値はある。」
と、思いつつも、折角だから一通り聴いてみる....否、何回か聴いてみた。
でも、やっぱりアルバムの中では他の参加者に比べ、プリンスの曲が、ズバ抜けてる。
でもね、でもですよ。他の曲も、曲はいいんだなァ。
ちょっと待った。僕、まだオリジナルも聴いたことなかった。
何故か、無性にジョニ・ミッチェルのオリジナルを聴きたくなった。
JBやスライの時と同じ感覚だ。
よしッ!ジョニ・ミッチェルのオリジナルアルバムを聴いてみよう!
で、何から聴いたらいいのか?
とりあえず、「A Case of You」が収録されている『Blue』か?

Blue

Blue

『Blue』は初期の代表作らしい。
早速、帰りに買って帰ろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Simple Song [プリンス]

ジョニ・ミッチェルのトリビュートアルバムが輸入版で売っていたので買った。
家に帰って早速聴く。その中でも秀逸なのが、なんといってもプリンスの『A Case of You』。
プリンスのボーカルって、こんなに綺麗だったけ?っていうくらい、聴いてるだけで、ジーンっと熱くなるピアノ弾き語りだ。
他の曲もいいな想いながら、一通り一回聴いてみた。
このようなシックというか、大人のメロディーがいいなと思うようになったのは、歳だけの所為か?高校生の時だったら、多分、受け入れられなかっただろう。

最近、聴いてる音楽といえば、現在、通勤の車で聴いているのは、これ。

アンソロジー

アンソロジー

スライもプリンスに教えてもらった(?)アーティストだ。何故か夏が近づく、この時期に聴く頻度が極端に高くなる。
彼の代表作は『暴動』や『Stand!』(で、いいのかな)などあるけど、ベスト版って、云ってもいいのか、この『アンソロジー』が、一番わかり易い、というか気軽に聞ける。アルバムまるごと「Sing a Simple Song」だ。

 解説はイラナイ。是非、聞くヨロシ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジョニ・ミッチェル [プリンス]

突然ですが....。
こういうアルバムが出るそうです。

トリビュート・トゥ・ジョニ・ミッチェル

トリビュート・トゥ・ジョニ・ミッチェル

  「ジョニ・ミッチェル」....名前は聞いたことがある。プリンスがライブ等で『A Case of U』という曲をよく演奏していた時期があり、この曲はジョニ・ミッチェルっていう人の曲のカバーなんだ、っていう程の認識しかない。だからオリジナルを聴いたこともないし、どんなアーティストかもわからない。ファンには失礼だが、「トリビュート」っていうくらいだから、昔の人なのか?まあ、プリンスのお気に入りでカバーするほどだから、それなりのアーティストなんだろう。ジャケット見てもなんか渋そうじゃい?
 
 レビューによれば、プリンスはその『A Case of U』で参加。これだけで買い。アルバムの中でも、この曲は秀逸だそうだ。
 
  他にプリンスがトリビュートアルバムに参加したところでは
トリビュート・トゥ・ジミ・ヘンドリックス

トリビュート・トゥ・ジミ・ヘンドリックス

  • アーティスト: オムニバス, ジェームス“アル”ヘンドリックス, ミュージック, サンタナ, プリンス, スティング, アース・ウィンド&ファイアー, ジミ・ヘンドリックス
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2004/04/28
  • メディア: CD

 このアルバムでは『Red House』という曲を、『Purple House』でオマージュしています。

 基本的にプリンスしか聴かない私ですが、このようにプリンスを通じて出会ったアーティストは他にもいっぱいいます。スライ・ストーン、ジェームス・ブラウンなど、プリンスのルーツともいえるアーティスト達。兎に角、プリンスがいいと思ったのはいいンです。

 結局、これが言いたかった。

 ところで、プリンスの新作はいつだい?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

僕だけのためのプリンスアルバムレビューPART? [プリンス]

   "May U live 2 see the dawn"

 プリンスの80年代のアルバムやライブのクレジットの最後に、いつもこの謎めいたメッセージが記してあった。

 「あなたが生きながらえて、夜明けを見られますように....」ってな意味でいいのかな?中高生だった僕もなんのことかわからなかった。でも、プリンス信者だった少年は「これはプリンス様の何か深い深い意味のあるメッセージなんだ。」と盲目的に信じていた。

 そして、『The GOLD Experience』のオープニングで、

Gold Experience

Gold Experience

 
   ”Hellow、Well come 2 the DAWN”(夜明けへようこそ)
 と宣言した。 
 これまで、密室的でなんとなく内に向かっていたプリンスの音楽は、開放的になった....と云われる。確かにそう思った。レコード会社とのドタバタ、改名、プリンス本人も結婚....何か、目覚めたンだろう。IT時代を反映してか、SEでキーボードを叩く音、そして、いろんな体験(Experience)にアクセスしながら、”Gold Experience"に辿り着く。
 でも、この頃のプリンスは世間では「もう終わった人」、今でもこの頃を「低迷期」なんて表現される....ちと違うンだけどね。
 そして、このアルバム。
  • アーティスト: Prince
  • 出版社/メーカー: NPG/EMI
  • 発売日: 1996/11/19
  • メディア: CD
 
  プリンスには珍しく、1年間という長い時間をかけて製作。しかも、3枚組でそれぞれ12曲、60分ピッタシの演奏時間。
 重い鉄の扉が開く音から、このアルバムは始まる。タイトル『解放』通り、わかり易過ぎるオープニング。
  匠が山に一年間、篭って創った芸術品、変質な科学者が密室の実験室で世界征服のために開発した最終兵器....そんな感じを受ける作品だ。
  これまでのプリンスの作品は、ある夜、歯を磨いていたら、突然、歯ブラシが震え始めて、「このオレンジ、美味しいよ。齧ってみない?」みたいな感じで、即興というか、荒削りな音作りだった。その荒削りも計算され尽したものなんだろうが....。
 兎に角、密度の濃い作品だ。プリンス史(?)の中では、いわゆる「低迷期」であった為か、あまり重要視されない作品だが本人もインタービューで語っている通り、『Purple Rain』、『LOVESEXY』に続く、プリンスにとって精神的に大きな転換を遂げた作品だ。結婚したこと、そして産まれた子供のこと....その喜びと悲しみ。3枚組でそれぞれコンセプトみたいなものはあるンだろうけど、全編プリンス。プリンスとしては初のカバー曲も入ってる。
 頬に描かれた「SLAVE」の文字。レコード会社に対する抵抗か?ジャケットに描かれているようにプリンスは鎖を断ち切り、本当に「解放」されたのか?
 また、アルバムの最後で重い扉の閉まる音.... 
  でも、ホントに重い扉が開いて、閉まった音なのか?
   それとも重い扉が閉まって、開いた音なのか?
 今でも考える時がある。
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

殿下世代 [プリンス]

 ひさしぶりにプリンスのことでも書きますか。

 先日、テレビを点けてたら、TBSの「ドリームプレス」とかいう番組で黒柳徹子をプリンスと間違えちゃった....髪型といい、メーキャップといい90年代の"The Most Beautiful Girl~"歌ってた頃のプリンスに似てない?具体的な写真ないけど、一度ちゃんと見比べてみるといい。

 プリンスのデビューから『3121』までの全曲をシャッフルして、ウォークマンで聴いてると、「こんな曲もあったな。」とか「これ、隠れた名曲じゃない?」など、結構新鮮な感覚で耳にすることもある。またプリンス暦25年になる僕にとっては、曲やアルバム毎に当時のことが自分自身のことも含めて思い出され、「あの頃、アリーナのチケット獲るのに徹夜で並んだな。」とか、プリンスのことをオンタイムで聴けてきたことに喜びを感じるとともに、「俺って、幾つになったんだ?じゃあ、プリンスは現在、何歳なんだ?」なんて、現実に引き戻され、脇でポケモンに熱中する女房、子供の姿を見る。俺もいい親父になったもんだ。

 でもね。プリンスって古くないよね?世間的には「過去の人」みたいで、新作アルバムが出ると 

 「紫の貴公子復活!」

 なんていうレコード屋の宣伝見て、店員を少しだけ軽蔑する。まあ、しょうがないか?今の音楽大量消費時代に現代の若ェ奴には、ひとりのアーティストを20年以上追いかけるなんてのは理解できないだろう。まあ、もっとも物心ついて20年以上生きた人で、あんまり若い人はいないだろうけど。

 小咄を思い出した。

 「最近の若い奴は長生きしないヨ。」

 「ホントですか?証拠がありますか?」

 「現に今の若い奴で長生きした奴はいないだろ!」

 別に今日は僕が年齢を感じたとか、ノスタルジーで書いてるわけではないですから、云っとくけど。

  「いちいち、煩ぇな。俺達はただ流行の音楽聴きてぇンだよ。」

 そうですよね。ごめんなさいね。

 でもね、僕の大好きなプリンスもまだ現役なんですよ。

 長くなったので、今日はこの辺で.....。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - プリンス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。